鳥取駅の河原歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
〒680-0845 鳥取県鳥取市富安2-159 久本ビル2F TEL:0857-23-2500

鳥取県,鳥取市,歯医者,歯科,インプラント,ホワイトニング,審美歯科,歯周病,むし歯,治療

入れ歯

HOME»  入れ歯

入れ歯には、外れやすい、違和感がある、器具が目立つ等、世間一般にはマイナスのイメージが連想されがちです。
しかし最近では、歯茎とのフィット感にこだわった入れ歯や、クラスプ(バネ)が目立たない非金属の材料を用いた入れ歯、そもそもクラスプを使わないノンクラスプデンチャー、インプラントや残った歯根を利用して行う入れ歯等、実に多種多様なニーズに沿った入れ歯装置が利用されています。 また、しっかりとした検査・診断のもと、正確な技工技術を用いて、時間をかけて適合精度の高い入れ歯を製作すれば、外れにくく、モノが良く噛める快適な入れ歯を製作することが可能です。
すぐ外れてしまったり、噛んだときに痛みや違和感を生じる入れ歯は、そもそも適合精度が低いと言わざるを得ません。
入れ歯治療は外から見る以上に、型合わせの精度が求められる治療です。そのため、最終的な入れ歯を製作するには本来時間のかかる治療法だとも言えます。

入れ歯について

保険の入れ歯では金属のバネ(クラスプ)で入れ歯を引っ掛けるため、見た目が目立ってしまいます。
ノンクラスプデンチャーは、バネが歯茎の色をしており、金属の色が見えず自然な仕上がりになっています。


  • 保険の入れ歯

  • ノンクラスプデンチャー