鳥取駅の河原歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
〒680-0845 鳥取県鳥取市富安2-159 久本ビル2F TEL:0857-23-2500

鳥取県,鳥取市,歯医者,歯科,インプラント,ホワイトニング,審美歯科,歯周病,むし歯,治療

インプラント

HOME»  インプラント

インプラントとは

インプラントには、もともと医学用語で「植立する」と言う意味があります。失われた歯の場所に歯根の代わりになる人工の歯(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」と言います。

インプラントは「第2の永久歯」と言われるほど、機能的にも、見た目的にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。

最近話題になっている心臓移植や肝臓移植は、ドナーと言う臓器提供者がいて初めて成り立つものです。それを医学用語でトランスプラント(移植)と言います。

一方、インプラントは生体にとって無刺激・無毒で、体に適応しやすい性質(生体親和性)の高い人工的な物をその臓器の代わりに使います。例えば、人工腎臓や人工関節などがそれにあたります。歯科インプラントも同じように歯の代わりをする金属(チタン)などの人工素材を利用しています。

インプラントのメリット

入れ歯とインプラントを比較したとき


入れ歯

インプラント
噛む力が弱くなり、硬い食べ物が食べられない 自分の歯と同じ感覚で噛め、硬い食べ物も食べられる
外から金属の留め金が見えてしまう 金属が見えないため、自分の歯と同じ見た目になる
健康な歯に留め金をかけるため、歯を傷付けてしまう 周りの歯に負担をかけない
歯の無い箇所に刺激が無くなるため、歯を失った部分の歯茎が痩せてしまう インプラントを通して刺激が骨に伝わるため、歯茎が痩せない

ブリッジとインプラントを比較したとき


ブリッジ

インプラント
周りの歯を削ってブリッジを被せるため、健康な歯を傷付けてしまう 周りの歯に負担をかけない
歯の無い箇所に刺激が無くなるため、歯を失った部分の歯茎が痩せてしまう インプラントを通して刺激が骨に伝わるため、歯茎が痩せない

総入れ歯とインプラントを比較したとき


総入れ歯

インプラント
上手く合わない場合は、食事が美味しくない、うまく話せない、外れやすいなどの問題が生じることがある インプラントを土台にして入れ歯を安定させ、動かずしっかりした義歯にすることができる
顎の状態によっては、インプラントによって1本づつの歯を自然な状態で再建することも可能

インプラント治療の流れ

カウンセリング

患者様の歯の悩みや症状などをヒアリングします。

検査・診断

実際に口の中を見せて頂き、歯並びや顎の関節の状態を診察します。

インプラント
一次手術

インプラントを顎の骨に植えるために、歯肉を開いて骨に穴を作ります。
骨の穴にインプラントをねじ込み、固定後、歯肉を閉じます。

経過観察

インプラントが骨に結合するまで経過を観察します。
結合するまでの期間は2~3ヶ月くらいです(個人差があります)。

インプラント
二次手術

インプラントが骨と結合したら、人工歯を取り付けるための部品を連結し、歯茎の形を整えます。

人工歯の作成

型を取り、噛み合わせや他の歯の色に合わせて人工の歯を作成します。
完成した歯をインプラントに取り付けて治療完了です。

メンテナンス

インプラントをいつまでも安全にご使用頂くため、治療が終わった後も定期的にメンテナンスを受けて下さい。

インプラント手術ができない、と言われたとき

かつてのインプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋め込むため、顎の骨が吸収されて痩せてしまった患者様には手術ができないことがありました。

近年では、骨を再生させる治療法や特殊な手術法が開発され、顎の骨が痩せてしまった患者様でも手術ができるケースが増えています。

GBR(骨誘導再生法)

骨が足りない部分に粉砕した自家骨や人工骨を盛ります。その上から特殊な膜を覆うことにより、3~6ヶ月後には盛っていた骨が、硬い自分の骨に置き換わります。

サイナスリフト・ソケットリフト(上顎洞挙上術)

上顎の骨には、上顎洞と言う空洞があります。空洞が広がるとインプラントを埋め込むことができません。
上顎洞挙上術とは、上顎洞に移植した骨や充填材を填入し上顎洞を押し上げ、インプラントを埋入する方法です。骨に対して水平に挙上するサイナスリフトと垂直に挙上するソケットリフトがあります。

  • 右顎(向かって左側)の骨が無いため、レントゲンでは黒く写っています(白い物はインプラント手術用のガイドです)。

  • 上顎洞に充填材を填入し、骨を作りました。黒く写っていた箇所が白くなっています。

  • 骨のできた場所にインプラントを埋入しました。

インプラントが失敗する(抜けてしまう)原因

歯並びや噛み合わせが悪いことを不正咬合と言います。

  • 術中、術後の感染
  • ドリルによる骨の加熱・圧迫
  • 結合前に強い力が加わる
  • 人工歯の制度や強度の不足
  • 噛み合わせの調整不足

当院では、全てを熟知した上で、最善の治療を心がけています。

インプラントの注意点

  • 保健の適用外となるため、治療費は自費(10割負担)となります。
  • インプラントを埋入する際に手術が必要になります。
  • 顎の骨が足らない方は、インプラント手術に入る前に、骨を作る治療をする必要があります。